風水で開運!東京のパワースポット参拝!!【日枝神社編】

パワースポット

東京は、実は風水のエネルギーを利用して
創られた大都市です。

徳川家康のブレーンだった天海は、
江戸幕府の発展まで、仕掛け人として
長きにわたり関わっていたとされています。

その天海が最も重要視した構造として
江戸城の鬼門(北東)・裏鬼門(南西)
の完璧な守護を固めることで
今もその守護は続いているのです!

 

そしてその裏鬼門封じとして建てられたのが
千代田区にある日枝神社です!

 

ライターは私、スピリチャルマン

 

そして東京の裏鬼門を守護する日枝神社には、
鬼門を守る神田神社に引き続き
スポーツと食とパワースポットが大好きな
タレントのライ・チャンが参拝してくれます!

 

日枝神社の歴史

文明10年(1478年)に
太田道灌が江戸城築城にあたり、
川越の無量寿寺
(現在の喜多院・中院。27代目住職が天海。)
の鎮守である川越日枝神社を勧請した
のが始まりといわれています。

日枝神社は、徳川家康が江戸に移封された時
江戸城の鎮守となっています。

要するに、実際江戸城(そして今の皇居)を
守護しているのは日枝神社ということです!

勿論、鬼門(北東)を護る神田明神とは
対をなしていて、
東京5社・東京10社、新・東京5社の一つで、
明治神宮とならぶ官幣大社でもあります。

現在、日枝神社は国会議事堂近くの永田町にあり
政財界から絶大な崇敬を受ける格式高い神社です。
日本のビジネスの中心地、千代田区・中央区と、
広範囲を氏子地域に持ち
大手企業の社用参拝も圧倒的です!

 

 

日枝神社のご利益


出典:https://amamori.exblog.jp/9032871/

日枝神社の御祭神は
大山咋神(おおやまくいのかみ)で、

相殿神として
国常立神(くにのとこたちのかみ)
伊弉冉神(いざなみのかみ)
足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)
になります。

ご祭神
大山咋神は
農耕・産業の神。
咋が杭。大山に杭を打ち要を作るという
物事の基礎や要を司る神です。
「山王様」とも呼ばれる比叡山の山神。
比叡山の日吉大社や、
京都の松尾大社のご祭神で、
酒造の神でもあります。

・国常立神は
日本書紀では最初に現れた神で、
地球の主宰神ともいわれます。
・伊弉冉神は
イザナギ神とともに
多数の有力神を生んだ縁結びの母神で、
原初の夫婦神です。
・足仲彦尊は
第14代仲哀天皇、応神天皇(八幡様)
の父神です。

 

仕事運・出世運アップのご利益があり、
物事に根が定まり、地に足をつけた落ち着き
揺るぎない実績を作り出す、計画実行パワー・対人運
特に、政治や世界と関わるビジネスマンと相性の良い神社です。
縁結び・恋愛成就にもご利益があり、
安産祈願・子授け・子育ての開運にも良し…です。

 

続きを読む
1 / 2

スピリチャルマン

正体不明の謎の男。年齢、性別など一切不明。 明らかな事は、タレントのモロトゆーきと 親友である...という事のみ。 占い、都市伝説、パワースポット、オカルト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧