東京に大地震は起きるのか!?地震とパワースポットの関係

パワースポット

日本では近年、各地で大きな地震が起きています。

特に東日本大震災以降、
首都直下型地震の可能性が危惧されています。

科学的にも30年以内に首都直下型地震が
発生する確率は70パーセント
という予測が出ているのは
ご存知の方も多いでしょう。

では海外はどうでしょうか??

 


出典:https://indeep.jp/

上のグラフを見れば分かりますが、
21世紀以降大地震がかなり増加しているのです。

さて、この近年の状況は
何を意味しているのでしょうか?

 


今回も私、スピリチャルマンが解説してまいりましょう!

 

 

今の時代はどんな時代か?

(マヤ歴)2012年の年末に
マヤ歴でいう今までの5130年周期が終わり、
新しい時代の5130年の周期に入ったと
言われています。

(占星術)2000年間のうお座の時代から
21世紀以降の2000年は
みずがめ座の時代になったと言われています。

 


出典:https://www.dailymail.co.uk/

他、科学者も警笛を鳴らしているのが
「ポールシフト」で、数十万年に1回地球の地軸の
S極とN極が反転現象を起こす現象がすでに
始まっているとか。

どれも今が地球レベルで過渡期だと言っています。
やはり大きな時代の変わり目には
今までも天変地異が起きているのです。

規模が大きすぎてなかなか実感しにくいですが
地球温暖化や異常気象は近年国際的問題です。

そして実は現在日本でも、
1000年に一度のレベルで天変地異が起きています。

 

歴史は繰り返される!

地震の予測は様々な機関が行っています。

方法も様々で、全国でのGPSや測量的観測、
天候による観測、地電流、低周波、ラドン濃度
更には動物の行動での観測などがあります。

最も一般的なのが今までのデータによる観測ですが
なかなか精確には分からないのが現状です。

そこで日本の1200年前の地震を
見ていきましょう。

平安時代の前期に東日本の大震災と同じ
津波が東北を襲った「貞観(じょうがん)地震」
という地震がありました。

 


出典:ord.yahoo.co.jp

地震の発生状況、発生域や規模などが
東北地方太平洋沖地震と酷似していると
言われていて、
貞観地震の5年前864年に富士山、阿蘇山が噴火
貞観地震の9年後には関東で
相模・武蔵地震と呼ばれるM7.4の大地震が起き
その9年後には仁和地震と言われる
M8~8.5の南海トラフ巨大地震が起きています。
その他、戦や飢饉、干ばつ、水害などが続いた
まさに天変地異の時代です!

ここ20年の地震、噴火も1200年前と
同じような場所と順番で地震が起こっているのです。

そして、今、
首都直下型地震南海トラフ地震などが心配されています。

現在がこの地殻変動期に入っているとすれば
次はいつ起こるのでしょうか?

 

続きを読む
1 / 2

スピリチャルマン

正体不明の謎の男。年齢、性別など一切不明。 明らかな事は、タレントのモロトゆーきと 親友である...という事のみ。 占い、都市伝説、パワースポット、オカルト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧