東京に大地震は起きるのか!?地震とパワースポットの関係

パワースポット

日本では近年、各地で大きな地震が起きています。

特に東日本大震災以降、
首都直下型地震の可能性が危惧されています。

科学的にも30年以内に首都直下型地震が
発生する確率は70パーセント
という予測が出ているのは
ご存知の方も多いでしょう。

では海外はどうでしょうか??


出典:https://indeep.jp/

上のグラフを見れば分かりますが、
21世紀以降大地震がかなり増加しているのです。

さて、この近年の状況は
何を意味しているのでしょうか?


今回も私、スピリチャルマンが解説してまいりましょう!

今の時代はどんな時代か?

 

(マヤ歴)2012年の年末に
マヤ歴でいう今までの5130年周期が終わり、
新しい時代の5130年の周期に入ったと
言われています。

(占星術)2000年間のうお座の時代から
21世紀以降の2000年は
みずがめ座の時代になったと言われています。


出典:https://www.dailymail.co.uk/

他、科学者も警笛を鳴らしているのが
「ポールシフト」で、数十万年に1回地球の地軸の
S極とN極が反転現象を起こす現象がすでに
始まっているとか。

どれも今が地球レベルで過渡期だと言っています。
やはり大きな時代の変わり目には
今までも天変地異が起きているのです。

規模が大きすぎてなかなか実感しにくいですが
地球温暖化や異常気象は近年国際的問題です。

そして実は現在日本でも、
1000年に一度のレベルで天変地異が起きています。

 

歴史は繰り返される!

 

地震の予測は様々な機関が行っています。

方法も様々で、全国でのGPSや測量的観測、
天候による観測、地電流、低周波、ラドン濃度
更には動物の行動での観測などがあります。

最も一般的なのが今までのデータによる観測ですが
なかなか精確には分からないのが現状です。

そこで日本の1200年前の地震を
見ていきましょう。

平安時代の前期に東日本の大震災と同じ
津波が東北を襲った「貞観(じょうがん)地震」
という地震がありました。


出典:ord.yahoo.co.jp

地震の発生状況、発生域や規模などが
東北地方太平洋沖地震と酷似していると
言われていて、
貞観地震の5年前864年に富士山、阿蘇山が噴火
貞観地震の9年後には関東で
相模・武蔵地震と呼ばれるM7.4の大地震が起き
その9年後には仁和地震と言われる
M8~8.5の南海トラフ巨大地震が起きています。
その他、戦や飢饉、干ばつ、水害などが続いた
まさに天変地異の時代です!

ここ20年の地震、噴火も1200年前と
同じような場所と順番で地震が起こっているのです。

そして、今、
首都直下型地震南海トラフ地震などが心配されています。

現在がこの地殻変動期に入っているとすれば
次はいつ起こるのでしょうか?

 

はたして地震は起きるのか?

 

今何人かの研究者は
レイライン(*地球のエネルギーライン)
と地震の関係を説いています。
レイラインとは「中央構造線」の事です。


出典:https://ja.wikipedia.org/

昨年2018年に長野県中部で異常なほどの
群発地震が起きています。
これは熊本地震から続く
中央構造線の活動だと言われていて、
だとすれば長野県での地震は
大きな意味があるのです。


出典:https://www.komazawa-u.ac.jp/

そして長野県が揺れたという事は、
巨大地震の発生とも大きく関係する
プレートにも影響があります。
直接的にはユーラシアプレート
北米プレートが関係します。

そして中央構造線の終点、茨城県も
現在よく地震が起きています。
そして北海道の地震は
北米プレート太平洋プレートに関係し
2017年に噴火活動が活発化した小笠原の西ノ島は
フィリピン海プレート太平洋プレート

…これは何を意味しているのか?
それは現在、フォッサマグナといわれる領域の
中央構造線から以南や相模トラフ
要するに
南関東にストレスが
かかっている状況

なのです!
南関東に大きな地震があれば、
南海トラフにストレスがかかるのが予測されます。

 

2019年は要注意!

 

2011年の東日本の大震災から
今年で8年が経ちました。
そして、時代は平成から令和に変わりました。
日本もまさに”過渡期”です!
かなり近い将来、
大きく揺れる可能性は高い…のかもしれません。

そして今年は2019年。己亥(つちのとい)の年。
亥年は十二支の中で
最も大地震の起きている年です。
更に己亥となれば、主に水の災いがある年とされ
60年前の己亥の年は
「伊勢湾台風」による大きな被災がありました。

今年は地震だけでなく、水害にも要注意です!

では私たちに何ができるのでしょうか??

 

龍穴にあるパワースポット

 


出典:https://bungui.jp/

上の図をご覧ください。
中央構造線の上には日本でも重要なパワースポットが並んでいます。

龍脈とも言われる中央構造線には
”龍穴”と言われるエネルギーが溢れる
ポイントがあり、
歴史上、意図的にそこに寺社仏閣を建てたのです!

私たちにできる事として、
実際の緊急時の準備だけではなく
心の準備もしておく事が大切です。

それには実際にパワースポットに出かけて
手を合わせ
自分、ひいては人々にとって
大難が小難に、小難が無難に、
そして幸せになる事や、
世の平和を祈る事です。

そのために”龍穴”にパワースポットがあるのです!

今後、中央構造線上のパワースポットも
特集していきます。
お楽しみに。

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか?

これは予言ではありません。”予測”です!
予測には理由があります。

パワースポットに行く事の一つとして
自然を敬う…という意味もあります。
それは都会にいようと関係ありません。
むしろ都会にいるからこそ忘れてはならないのです!

1人でも多くの人が霊格を上げる事で、多くの人が救われるのです。

 

パワースポット参拝方法はこちら

(神社)

パワースポットでご利益を!神社でご利益を貰うための正しい参拝方法


(お寺)

パワースポットに行っても御利益がもらえない本当の理由②(お寺編)


(総合)

パワースポットに行ってもご利益がもらえない本当の理由③(総合編)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリチャルマン

プロフィール

関連記事一覧