東京に大地震は起きるのか!?地震とパワースポットの関係

パワースポット

 

はたして地震は起きるのか?

今何人かの研究者は
レイライン(*地球のエネルギーライン)
と地震の関係を説いています。
レイラインとは「中央構造線」の事です。

 


出典:https://ja.wikipedia.org/

昨年2018年に長野県中部で異常なほどの
群発地震が起きています。
これは熊本地震から続く
中央構造線の活動だと言われていて、
だとすれば長野県での地震は
大きな意味があるのです。

 


出典:https://www.komazawa-u.ac.jp/

そして長野県が揺れたという事は、
巨大地震の発生とも大きく関係する
プレートにも影響があります。
直接的にはユーラシアプレート
北米プレートが関係します。

そして中央構造線の終点、茨城県も
現在よく地震が起きています。
そして北海道の地震は
北米プレート太平洋プレートに関係し
2017年に噴火活動が活発化した小笠原の西ノ島は
フィリピン海プレート太平洋プレート

…これは何を意味しているのか?
それは現在、フォッサマグナといわれる領域の
中央構造線から以南や相模トラフ
要するに
南関東にストレスが
かかっている状況

なのです!
南関東に大きな地震があれば、
南海トラフにストレスがかかるのが予測されます。

 

2019年は要注意!

2011年の東日本の大震災から
今年で8年が経ちました。
そして、時代は平成から令和に変わりました。
日本もまさに”過渡期”です!
かなり近い将来、
大きく揺れる可能性は高い…のかもしれません。

そして今年は2019年。己亥(つちのとい)の年。
亥年は十二支の中で
最も大地震の起きている年です。
更に己亥となれば、主に水の災いがある年とされ
60年前の己亥の年は
「伊勢湾台風」による大きな被災がありました。

今年は地震だけでなく、水害にも要注意です!
「今年は災害の年だ!」
と言い切る霊能力者もいます。

では私たちに何ができるのでしょうか??

 

 

龍穴にあるパワースポット


出典:https://bungui.jp/

上の図をご覧ください。
中央構造線の上には日本でも重要なパワースポットが並んでいます。

龍脈とも言われる中央構造線には
”龍穴”と言われるエネルギーが溢れる
ポイントがあり、
歴史上、意図的にそこに寺社仏閣を建てたのです!

私たちにできる事として、
実際の緊急時の準備だけではなく
心の準備もしておく事が大切です。

それには実際にパワースポットに出かけて
手を合わせ
自分、ひいては人々にとって
大難が小難に、小難が無難に、
そして幸せになる事や、
世の平和を祈る事です。

そのために”龍穴”にパワースポットがあるのです!

今後、中央構造線上のパワースポットも
特集していきます。
お楽しみに。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

これは予言ではありません。”予測”です!
予測には理由があります。

パワースポットに行く事の一つとして
自然を敬う…という意味もあります。

それは都会にいようと関係ありません。
むしろ都会にいるからこそ忘れてはならないのです!

1人でも多くの人が霊格を上げる事で、多くの人が救われるのです。

 

ミスティカルチャンネル動画でもご覧になれます。
コチラ↓

 

モロトゆーきTwitter
https://mobile.twitter.com/morotoponpon

スピリチャルマンTwitter
https://twitter.com/supiritualman

 

スピリチャルマン

正体不明の謎の男。年齢、性別など一切不明。 明らかな事は、タレントのモロトゆーきと 親友である...という事のみ。 占い、都市伝説、パワースポット、オカルト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧