徳川埋蔵金はどこにあるのか??②日光東照宮とユダヤの秘密!!

神社

徳川埋蔵金の在り処は…!?

様々な説があると共に、様々な調査がされてきました。

しかし今回、①本当は分かっている財宝の在り処
https://mystical-life.jp/ps/shrine/tokugawa-maizoukin/
では
”徳川埋蔵金は日光東照宮にある”とお伝えしました。

そして、童歌の「かごめかごめ」が
徳川埋蔵金の在り処を示しているともお伝えしました!

①に引き続き、私スピリチャルマンが謎を暴いてまいりましょう!!

 

 

 

 

童歌「かごめかごめ」の謎!

実は、童歌の「かごめかごめ」の中で、
徳川埋蔵金の在り処を唄っているという説があります。

この「かごめかごめ」は、
江戸時代の初頭には、すでに一般的に唄われていて
江戸時代の文献にもその記録が残っています。

そして一説では更に昔、弘法大師空海が
この「かごめかごめ」を作詞したともいわれています。

そして、下の歌詞は、皆さんもよく知っている歌詞の一部です。

 

この「かごめ、かごめ」の唄の中には
とんでもない史実が隠されています!

「かごめ」は漢字で籠目と書きます。

出典:https://www.mahorovacation.tokyo

実は「かごめ」は「六芒星」を意味します。

そして六芒星はユダヤ民族の象徴でもありますね!

ここでは詳しく述べませんが、太古の昔
日本人とユダヤ人は元々同じ民族だったといわれています。

それを証拠に、
日本語とヘブライ語
日本とユダヤの文化・風習
は、驚くほど共通点があるのです!

「かごめかごめ」の唄をヘブライ語に読み替えて訳すと

「何が守られているのか?誰が守られているのか?
守護されて封印し、安置して閉ざされていた神宝を取り出せ!
……」

というような内容になります。

 


出典:https://maezaki.net/mitsuhide

徳川家康のブレーンは天海僧正です。
天海は江戸の町を風水的に
エネルギーが集中する都市に造り上げました!

 


出典:https://ameblo.jp

そして徳川幕府が建てた主な寺院を六芒星で結ぶと、
その中心に「日光東照宮」がくる。

恐らく天海僧正は、
ユダヤの象徴である神の
「契約の箱(アーク)」の到達点が日本にあり
弘法大師がその秘密を
「かごめかごめ」の唄に隠したことをつきとめていたでしょう。

天海は、同じ意味の宝を日光に眠らせ
徳川家康を神にしたのです!

 

続きを読む
1 / 2

スピリチャルマン

正体不明の謎の男。年齢、性別など一切不明。 明らかな事は、タレントのモロトゆーきと 親友である...という事のみ。 占い、都市伝説、パワースポット、オカルト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧